SPARKS-VR 22

・Trend,ATR,VRの通貨の方向、通貨の強弱を判定し、順張りでトレードEAを使い両建のポジションを持ち運用稼働します。

・一定利益幅での全ポジション決済の手法も使用し、長期に渡り相場に適応した堅牢な戦略を採用しています。

・別途、トレーリングストップでのトレードで一定幅でのリスク管理と利益拡大を目指すトレードを行います。

・市場の状況により、裁量にてトレードを行う場合があります。

・原則、取引量の多いUSD-JPYでのトレードで安定的なトレード効果を発揮します。

最低入金額:20万円

基本情報

開発元
対応通貨ペア USD/JPY
最低入金額 20万円
初期費用
(入金額以外)
なし
計測期間 約3ヶ月(2022年7月04日~)
投資顧問報酬 取引スプレッドの上乗せ幅0.4PIPSとハイウォーターマーク方式で利益の22%相当分
※投資顧問報酬は、売買シグナルの仕入れ代金に充当されます。ハイウォーターマーク方式による投資顧問報酬分での残高推移は、残高推移チャートを始め各種取引パフォーマンスグラフには勘案されていません。
※取引スプレッドの上乗せ幅が1PIPSの場合、1USDJPYあたり0.01JPYと計算できます。(1USD=100JPYの場合)
はじめての方 利用申請

※運用には最低入金額以上のご入金が必要です。

詳細データ
  • 全期間
  • 1ヶ月
  • 3ヶ月
  • 1年

残高推移確定損益 / エクイティ

青色は確定損益の残高推移、オレンジ色は含み損益を含むエクイティ(有効証拠金)増減を表示しております。

残高推移のグラフ表示は1日毎のデータを表示しております。また、下記取引成績に表示されているデータは取引単位で確定した残高をもとに算出しております。

取引成績

損益 18.06%
相対ドローダウン 34.42%
取引回数 1,711
平均月間ロット数 59.54
平均ロット数(取引毎) 0.1
平均月利回り 6.02%
プロフィットファクター 1.11
勝率 90.77%
勝ち平均 0.11%
負け平均 1%

詳細グラフ

残高推移確定損益 / エクイティ

青色は確定損益の残高推移、オレンジ色は含み損益を含むエクイティ(有効証拠金)増減を表示しております。

残高推移のグラフ表示は1日毎のデータを表示しております。また、下記取引成績に表示されているデータは取引単位で確定した残高をもとに算出しております。

取引成績

損益 46.94%
相対ドローダウン 18.06%
取引回数 797
平均月間ロット数 36.48
平均ロット数(取引毎) 0.09
平均月利回り 19.18%
プロフィットファクター 1.74
勝率 92.22%
勝ち平均 0.12%
負け平均 0.82%

詳細グラフ

残高推移確定損益 / エクイティ

青色は確定損益の残高推移、オレンジ色は含み損益を含むエクイティ(有効証拠金)増減を表示しております。

残高推移のグラフ表示は1日毎のデータを表示しております。また、下記取引成績に表示されているデータは取引単位で確定した残高をもとに算出しております。

取引成績

損益 18.06%
相対ドローダウン 34.42%
取引回数 1,711
平均月間ロット数 59.54
平均ロット数(取引毎) 0.1
平均月利回り 6.02%
プロフィットファクター 1.11
勝率 90.77%
勝ち平均 0.11%
負け平均 1%

詳細グラフ

残高推移確定損益 / エクイティ

青色は確定損益の残高推移、オレンジ色は含み損益を含むエクイティ(有効証拠金)増減を表示しております。

残高推移のグラフ表示は1日毎のデータを表示しております。また、下記取引成績に表示されているデータは取引単位で確定した残高をもとに算出しております。

取引成績

損益 18.06%
相対ドローダウン 34.42%
取引回数 1,711
平均月間ロット数 59.54
平均ロット数(取引毎) 0.1
平均月利回り 6.02%
プロフィットファクター 1.11
勝率 90.77%
勝ち平均 0.11%
負け平均 1%

詳細グラフ


AMMAの自動売買ができるのはアヴァトレード・ジャパンだけ

新規口座開設
このSP(シグナル・プロバイダ)についてのご質問はこちら!
→ お問い合わせ
image
・Trend,ATR,VRの通貨の方向、通貨の強弱を判定し、順張りでトレードEAを使い両建のポジションを持ち運用稼働します。
・一定利益幅での全ポジション決済の手法も使用し、長期に渡り相場に適応した堅牢な戦略を採用しています。
・別途、トレーリングストップでのトレードで一定幅でのリスク管理と利益拡大を目指すトレードを行います。
・市場の状況により、裁量にてトレードを行う場合があります。
・原則、取引量の多いUSD-JPYでのトレードで安定的なトレード効果を発揮します。